石橋

眼鏡橋

  1. 場所/長崎市魚の町
  2. 橋梁延長/26.8m
  3. 架設年次/1634年
寛永11年(1634年)に興福寺の唐僧だった黙子如定によって架設された日本最古のアーチ式石橋。川面に映った影が双円を描くことから「めがね橋」と呼ばれる。
昭和57年(1982年)の長崎大水害で半壊したが、その際に出土した階段跡を復元する形で補修され、現在でも長崎の観光名所として人びとに愛されている。

|カテゴリー: 長崎地区 石橋

桃渓橋

  1. 場所/長崎市出来大工町?伊勢町
  2. 橋梁延長/15.3m
  3. 架設年次/1679年
延宝7年(1679年)に僧卜意(ぼくい)の募財により架橋された。当時、河畔に桃の木があったことからこの名前が付けられたと言われている。

|カテゴリー: 長崎地区 石橋

大井手橋

  1. 場所/長崎市大井手町?八幡町
  2. 橋梁延長/27.4m
  3. 架設年次/1698年
元禄11年(1698年)に岡正敏によって架設されたが、享保年間の洪水によって流失。
その後、長崎大水害でも流失し、現在の形で修復された。

|カテゴリー: 長崎地区 石橋

編笠橋

  1. 場所/長崎市今博多町?八幡町
  2. 橋梁延長/26.8m
  3. 架設年次/1699年
元禄12年(1699年)に豪商・岸村氏が私財を投じて架設されたが、洪水で幾度も流失。
現在の橋は昭和61年(1986年)に架けられたもので、映画『解夏』のロケ地にもなった。

|カテゴリー: 長崎地区 石橋

古町橋

  1. 場所/長崎市古町?麹屋町
  2. 橋梁延長/22.7m
  3. 架設年次/1697年
貿易商・河村喜兵衛とその母・妙了尼の私財で元禄10年(1697年)に架設された。
長崎奉行所による再建などを経て、長崎大水害後に現在の石橋になった。

|カテゴリー: 長崎地区 石橋

一覧橋

  1. 場所/長崎県長崎市桶屋町?麹屋町
  2. 橋梁延長/25m
  3. 架設年次/1657年
唐通事(中国語の通訳)をしていた中国人・高一覧によって明暦3年(1657年)に架設され、流失と再建を繰り返してきた。明治時代に高一覧にちなんで一覧橋と命名された。

|カテゴリー: 長崎地区 石橋

芒原橋(すすきはら)

  1. 場所/長崎市桶屋町?麹屋町
  2. 橋梁延長/28.5m
  3. 架設年次/1681年
中島川の第7橋で、寛永9年(1681年)に架設された。
橋名は、往時にこのあたり一帯に草が生い茂っていたことから西道仙が命名したと言われている。

|カテゴリー: 長崎地区 石橋

東新橋

  1. 場所/長崎市東出津町
  2. 橋梁延長/29.6m
  3. 架設年次/1673年
寛文13年(1673年)に架けられたが、その後、技術的な問題や水害などによって3度の崩落・流失を経験し、最終的には昭和61年(1986年)に現在のような姿になった。

|カテゴリー: 長崎地区 石橋

袋橋

  1. 場所/長崎市栄町?銀屋町
  2. 橋梁延長/20m
  3. 架設年次/記録なし(不詳)
慶安年間に架設されたとされ、眼鏡橋に次いで古い石橋という説もあるが、確証はない。度重なる水害にも流失を免れ、長崎型石造アーチ橋の姿を現在によく残している。

|カテゴリー: 長崎地区 石橋

拱橋(こまねき)

  1. 場所/長崎市片淵
明治36年(1903年)に架けられたアーチ橋で、長崎大学経済学部の正門を入ったところにある。
現在も学生や地元の人々の往来が盛んな橋である。

|カテゴリー: 長崎地区 石橋

羅漢橋(らかん)

  1. 場所/長崎市矢上町平間
普済橋とともに滝の観音内の川に架かる橋。
中国の商人・許登受が元禄年間に献じたものといわれており、上流には落差30mほどの一条の滝がある。

|カテゴリー: 長崎地区 石橋

普済橋(ふざい)

  1. 場所/長崎市矢上町平間
滝の観音内に羅漢橋と並んで架かっている橋で、長さ6.8m、幅は3m。
幽玄的な雰囲気が漂う境内にひっそりと佇んでいる。水害後に復旧された歴史をもつ。

|カテゴリー: 長崎地区 石橋

一の瀬橋

  1. 場所/長崎市中川
眼鏡橋架設の19年後・承応2年(1653年)に唐通事の頴川(陳)道隆が私費を投じて建設したもので、旧長崎街道の出入口である一の瀬口に架かっている。

|カテゴリー: 長崎地区 石橋

倉渕橋

  1. 場所/佐世保市世知原町栗迎
  2. 橋梁延長/17.5m
  3. 架設年次/1919年
世知原地区に残る多くの石橋群の中でも最大のもので、県内でも単一のアーチ式石橋としては最長の橋である。完成は大正8年(1919年)で、地元で採れる良質の石材と高い技術を持った石工の存在が、完成度の高い石橋の架設を可能にしたと考えられる。川へと下る道はなだらかなスロープになっており、車椅子でも川辺まで行くことができる。

|カテゴリー: 佐世保地区 石橋

西川内橋

  1. 場所/佐世保市小佐々町西川内
  2. 橋梁延長/15.5m
  3. 架設年次/1958年
現在は県道18号線沿いにひっそりとたたずんでいるが、往時は幹線道路として多くの人々に利用されていた橋である。架設は大正9年(1920年)。

|カテゴリー: 佐世保地区 石橋

樋口橋

  1. 場所/佐世保市吉井町立石
  2. 橋梁延長/32.7m
  3. 架設年次/1922年
皇居の二重橋をモデルにして造られたと言われており、明治28年(1895年)に上戸栄助によって架けられた。水面に映る二連アーチの姿が美しい。

|カテゴリー: 佐世保地区 石橋

観音橋

  1. 場所/佐世保市吉井町直谷免
僧・行基が開山したと言われる石橋山御橋観音寺の境内奥に架かる天然の大石橋。
奥深い緑の中で高さ18m、長さ30mの威容を誇っている。

|カテゴリー: 佐世保地区 石橋

古山橋

  1. 場所/佐世保市世知原町上野原免古山
世知原に現存する16のアーチ式石橋の一つで、大正時代に架けられてから現在に至るまで、人々の生活道路としての役割を担い続けている。

|カテゴリー: 佐世保地区 石橋

祝橋

  1. 場所/佐世保市世知原町岩谷口面岩下
大正2年(1913年)に架けられた橋で、昭和期の改修を経て、平成12年(2000年)に倉渕橋などとともに町指定文化財として登録された。

|カテゴリー: 佐世保地区 石橋

奥の口橋

  1. 場所/佐世保市世知原町
大正15年(1926年)の架設ののち、水害によって壁石の半分が流されたが、高い強度を誇るアーチ部分は現在でも造られたときの姿を残している。

|カテゴリー: 佐世保地区 石橋

諫早眼鏡橋

  1. 場所/諫早市高城町
諫早市内を流れる本明川にかかっていたが、本明川拡張計画に伴い破壊撤去されることになったが、 有志の努力により、昭和36年(1961)年、現在の諫早公園の池に移築された。
天保10年(1839)完成。 石造2連アーチという形式をとっており、29.25mの橋長と5.5mの幅員をもっている。石橋としては最初に国の重要文化財に指定されている。

|カテゴリー: 県央地区 石橋

くじら橋

  1. 場所/諫早市高城町
明川を遊泳していた鯨が迷ってこのあたりに姿を現したのが名前の由来とされている。
大正末期と昭和30年代の2回にわたり移設された歴史を持つ。

|カテゴリー: 県央地区 石橋

大龍橋

  1. 場所/諫早市高来町善住寺大山
日本の名水100選にも選ばれた轟渓谷内に架かる橋。周辺の森も森林浴の森100選に選ばれており、静かな環境の中に流れる清流を楽しむことができる。

|カテゴリー: 県央地区 石橋

新地橋

  1. 場所/島原市湊新地
架設は明治3年(1870年)。島原では数少ない石橋で、内海である湊新地の入口に架けられている。戦後の改修を経て現在も人々に愛されている。

|カテゴリー: 島原・雲仙・小浜地区 石橋

金浜眼鏡橋

  1. 場所/小浜町
江戸時代に土地の有力者である岡右衛門が架けた橋。
老朽化にともない、平成5年(1993年)に大改修された。夜間は両側からライトアップされる。

|カテゴリー: 島原・雲仙・小浜地区 石橋

巌吼寺の石橋

  1. 場所/加津佐町岩戸山厳吼寺境内
島原半島・加津佐町の岩戸山にある厳吼寺境内に架かる橋。
正面の階段を登りきったところにある放生池に端正な2連アーチの姿を見せている。

|カテゴリー: 島原・雲仙・小浜地区 石橋

飯野橋

  1. 場所/南島原市布津町坂下名
嘉永6年(1853年)に架設された橋で、公道に架けられた橋としては島原半島で最も古いものである。町の文化財に指定されている。

|カテゴリー: 島原・雲仙・小浜地区 石橋

三軒屋橋

  1. 場所/南島原市口ノ津町三軒屋
南島原市の口之津に架かる橋。
欄干は設置されていないが、アーチ式で組まれた石が現在も往時のままの姿を残している。

|カテゴリー: 島原・雲仙・小浜地区 石橋

面無橋(おもなし)

  1. 場所/南島原市北有馬町今福名面無
自然石を使ったアーチ橋。
通常、切石が使用されるアーチ式石橋において、130年以上も崩れないこの橋は技術的に非常に貴重な例とされている。

|カテゴリー: 島原・雲仙・小浜地区 石橋

元平橋(もとびら)

  1. 場所/南島原市北有馬町坂上下名田中
北有馬町に数多く残るアーチ式石橋の一つ。
橋の周辺は公園として整備されており、上流側には車も通行できる新元平橋が架かっている。

|カテゴリー: 島原・雲仙・小浜地区 石橋

百合野橋

  1. 場所/長崎市東出津町
高田郷百合野にあったものを中尾城公園内の文化センター、駐車場奥に移築したもの。
大正時代に造られた非常に小さい橋だが、現在もその形を留めている。

|カテゴリー: 西彼地区 石橋

誓願寺橋

  1. 場所/平戸市紺屋町
平戸・誓願寺の入口に架かるアーチ式石橋。長さ約5m・幅約3mのこの橋が寺を訪れる人々を迎えてくれる。近辺には同じ様式の幸橋や法音寺橋が架かっている。

|カテゴリー: 平戸・北松地区 石橋

幸橋

  1. 場所/平戸市役所前
平戸市役所前の鏡川に架かっており、別名オランダ橋とも呼ばれている。もともとは木橋だったが、元禄年間にときの平戸藩主雄香公の命で石橋に造りかえられた。

|カテゴリー: 平戸・北松地区 石橋

中野橋

  1. 場所/北松浦郡鹿町町中野免
鹿町町に残る唯一の石橋で、大正3年(1914年)に1ヶ月の工期と188円の工事費をかけて架け替えられた。町指定文化財でもある。

|カテゴリー: 平戸・北松地区 石橋

Copyright c 2007 (社)長崎県観光連盟 All Rights Reserved. ※データの無断使用を固く禁じます