水無大橋

概要

雲仙普賢岳の噴火活動による土石流で平成5年(1993年)に国道57号線に架かる水無川橋が流失し、その後の復旧作業で平成11年(1999年)に全長325mのアーチ橋として新たに完成。それに合わせて名称も「水無大橋」と変更された。土石流再発生の危険性がある状況での架設作業にはケーブルエレクション斜片吊り工法という特殊な工法が採用され、国道57号線は生活・幹線道路としてじつに5年9ヶ月ぶりに復活を遂げた。

  • 場所/長崎県島原市札の元町

周辺情報&交通アクセス

  • 島原駅から国道251号線を南島原方面へ。九十九ホテル前の雲仙東登山口交差点を雲仙方向へ右折して2キロほど行くと前方に見えてくる。島原駅から車で15分ほど。
Copyright c 2007 (社)長崎県観光連盟 All Rights Reserved. ※データの無断使用を固く禁じます