倉渕橋

概要

世知原地区に残る多くの石橋群の中でも最大のもので、県内でも単一のアーチ式石橋としては最長の橋である。完成は大正8年(1919年)で、地元で採れる良質の石材と高い技術を持った石工の存在が、完成度の高い石橋の架設を可能にしたと考えられる。川へと下る道はなだらかなスロープになっており、車椅子でも川辺まで行くことができる。

  • 場所/長崎県佐世保市世知原町矢櫃免
  • 長崎からは国道206?204号線を通って3時間ほど。高速道路を使えば2時間強。佐世保からは国道204号線で約1時間半。
Copyright c 2007 (社)長崎県観光連盟 All Rights Reserved. ※データの無断使用を固く禁じます