長崎の橋

長崎には古い石橋から最新のアーチ橋までいろいろな橋があります。

今も昔も長崎の情緒を語る上で切り離せない石橋はもちろんのこと、日本一島が多く入り組んだ海岸線を持つ長崎の地形において、鉄筋の橋もまた大変重要な存在です。

本サイトではあらゆる角度から長崎の橋の魅力をお届けします。

長崎の橋主要20

入り組んだ海岸線や起伏に富んだその地形から長崎には数多くの橋があります。
その中から観光名所としても名高い橋を選んでみました。
いにしえの長崎、そして今の長崎を、橋のある風景の中にきっと見つけることができるはずです。

PICK UP

眼鏡橋

寛永11年(1634年)に興福寺の唐僧だった黙子如定によって架設された日本最古のアーチ式石橋。川面に映った影が双円を描くことから「めがね橋」と呼ばれる。

眼鏡橋を詳しく見る
女神大橋

長崎市南部、西部を最短距離で結び 地域全体の産業、経済、文化の活性 化を図り魅力的な地域イメージを創 造するランドマーク。観光県長崎の 新しいシンボルである。

女神大橋を詳しく見る
平戸大橋

歴史とロマンの島と言われる平戸島に 架かる吊橋。昭和52年の完成当時は 国内最大級。鋼製の橋全体 が鮮やかな朱色に染められており、橋 の全体像が青い海と空に映える。

平戸大橋を詳しく見る

種類別

石橋
石橋

石橋は今も昔も長崎の情緒を語る上で切り離せない存在です。

石橋の一覧

コンクリート橋
コンクリート橋

橋梁の上部構造の主要部分をコンクリートで作った橋です。

コンクリート橋の一覧

鋼橋
鋼橋

コンクリート橋に比べて軽量。地震による影響も小さくて済みます。

鋼橋の一覧

Copyright c 2007 (社)長崎県観光連盟 All Rights Reserved. ※データの無断使用を固く禁じます